ブログ記事一覧

6~10件目 (104件中)

  • 京都市営地下鉄の「コスプレ列車」って?

    投稿日 :
    2017-11-10 13:20:30
    カテゴリ :
    萌えきゅん一口メモ
    WRITER :

    京都は歴史のある街であると共に、革新的な音楽、芸術や、漫画、アニメ、メイドカフェのようなサブカルチャーの分野にも積極的に取り組んでいる街です。 アーティストやアイドルによる音楽フェスなどをはじめとし、さまざまなイベントが開催されています。    2012年9月2日(日曜日)に、京都市交通局は京都市営地下鉄東西線において、車内でアニメやゲームのキャラクターのコスプレと、その撮影を行える「コスプ

    記事を開く

    京都は歴史のある街であると共に、革新的な音楽、芸術や、漫画、アニメ、メイドカフェのようなサブカルチャーの分野にも積極的に取り組んでいる街です。

    アーティストやアイドルによる音楽フェスなどをはじめとし、さまざまなイベントが開催されています。

      

    2012年9月2日(日曜日)に、京都市交通局は京都市営地下鉄東西線において、車内でアニメやゲームのキャラクターのコスプレと、その撮影を行える「コスプレ列車」を運行しました。

     

    京都市公営交通は明治45年6月11日の市電開業から2012年で100周年を迎え、これを記念して、交通局初となる地下鉄1編成を貸し切りにしたイベントを開催しました。

    京都の地下鉄をアピールすると同時に、漫画、アニメをはじめとするコンテンツ産業の振興を図ることなどが狙いです。

     

    午前9時から地下鉄太秦天神川駅すぐのところにあるサンサ右京(右京区総合庁舎)で受付を開始し、それぞれ思い思いのコスチュームを身にまとった約250名ものコスプレイヤーと撮影希望者の方々が大集合しました。

     

    サンサ右京から地下鉄太秦天神川駅へ移動し、13時32分発の貸し切り列車に乗り込み、六地蔵駅までを1往復しました。

    イベント専用列車のため、参加者以外の一般のお客さんは乗車できないようになっていたようです。

     

    参加者の方々は貸し切りの車内でコスプレ姿を披露したり、ポーズを決めて写真撮影をしたりと楽しめたようです。

    列車には京都市長さんも乗り込み、コスプレーヤーの方と談笑する姿も見られました。

    参加者みんなで楽しめるイベントとなったようです。

     

    翌年の2013年8月25日(日曜日)にも地下鉄東西線の1編成を貸し切って「コスプレ列車」を運行するイベントが開催されました。

     

    2013年は約110名ものコスプレイヤーの方々が集まり、京都市長さんも駆け付け、サンサ右京にて写真撮影が行われました。

    増客に取り組む京都市の若手職員の方も地下鉄のイメージキャラクターに扮して、「リアル太秦 萌」として同行しました。

     

    第2弾となったこのイベントでは人気アニメをデコレーションしたアニメ列車「京まふ号」を貸し切りにして、太秦天神川駅から六地蔵駅間を往復しました。

     

    参加者の方々は車内で好きなアニメの話題で盛り上がったり、自由にポーズをとって撮影を楽しんで満喫できたようです。

     

    コスプレ姿で地下鉄に乗ることはなかなかないので、参加された方々は、堂々と地下鉄に乗れて楽しめたのではないでしょうか。

    これからも京都の地で、いろいろなイベントが開催されると楽しいですね。

     

    京都木屋町三条のメイドカフェCANDYで、非日常の時間を過ごしてみませんか?

    かわいくて魅力たっぷりのメイドさんたちがお出迎えします。

    ドリンク・ふ〜どメニューもたくさんございます。

    ご主人様、お嬢様のお帰りをお待ちしております!

    記事を閉じる

  • キャラへの愛を表現した痛バッグって?

    投稿日 :
    2017-11-02 13:12:56
    カテゴリ :
    萌えきゅん一口メモ
    WRITER :

    痛バッグとは、好きなアイドルやアニメ、漫画、ゲームのキャラクターの缶バッジやグッズで飾り付けたバッグのことです。 この場合の「痛い」は怪我などで痛いのではなくて、「見ていて痛々しいバッグ」というような意味で、略して「痛バッグ」、「痛バ」と呼ばれます。 さまざまなアニメやゲーム作品の痛バッグが作られています。   缶バッチやぬいぐるみなどを使ってオリジナリティあふれる飾り付けをする

    記事を開く

    痛バッグとは、好きなアイドルやアニメ、漫画、ゲームのキャラクターの缶バッジやグッズで飾り付けたバッグのことです。

    この場合の「痛い」は怪我などで痛いのではなくて、「見ていて痛々しいバッグ」というような意味で、略して「痛バッグ」、「痛バ」と呼ばれます。

    さまざまなアニメやゲーム作品の痛バッグが作られています。

     

    缶バッチやぬいぐるみなどを使ってオリジナリティあふれる飾り付けをすることで、キャラクターや作品への愛を表現しています。

    また、バッグとして持ち歩けば好きなキャラクターといつも一緒に過ごせるので、幸せな気持ちになれるのが魅力のようです。

     

    痛バッグと似ているものに「痛車」があります。

    痛車は、アニメ、漫画、ゲームなどのキャラクターの絵を車全体にステッカーで装飾したものです。

    痛車を作るのはほとんどが男性ですが、痛バッグの場合は手芸的要素があるからなのか、女性が多いようです。

     

    痛バッグを作るのに必要なものは「カバン」と「グッズ」です。

    カバンは、ある程度頑丈なもの、安全ピンなどが通しやすい布製のもの、キャラクターのイメージカラーのものが向いています。

     

    もともと持っているカバンを装飾してもいいですし、100均で選ぶ方もいるみたいです。

    しかし、痛バッグを作るのに適したバッグが販売されていますので、ここはやはり専用のものを使うと作りやすそうです。

    トートバッグ、ショルダーバッグ、リュック、ぬいぐるみ用バッグなど、いろいろなバッグが販売されています。

    ビニールカバー付きのバッグなら、汚れなどから大切なグッズを守ってくれます。

    単色カラーで無地のものが多いですが、チェック柄のものまであり、そういったものは柄がマス目の役割を果たして、バランス良くバッチを付けることができます。

     

    グッズは、缶バッジ、ピンバッジ、ストラップ、ラバーストラップ、キーホルダー、ぬいぐるみなどを付けることが多いです。

    特に缶バッジ、ストラップ、キーホルダーなどのグッズは付けやすくて便利です。

    見た目の統一感、ボリューム感が出るので、同じ缶バッジや同じストラップなどを大量につける傾向があるみたいです。

     

    痛バッグコンテストも実施されるほど痛バッグは愛好者には人気のものとなっていて、数々の受賞作品からは迫力とキャラクターへの愛が伝わってきます。

     

    京都木屋町三条のメイドカフェCANDYで、非日常の時間を過ごしてみませんか?

    かわいくて魅力たっぷりのメイドさんたちがお出迎えします。

    ぜひ京都で萌えの時間をお楽しみください。

    ドリンク・ふ〜どメニューもたくさんございます。

    ご主人様、お嬢様のお帰りをお待ちしております!

     

    記事を閉じる

  • メイドカフェやアイドル現場でおなじみのチェキの魅力

    投稿日 :
    2017-10-28 22:16:52
    カテゴリ :
    萌えきゅん一口メモ
    WRITER :

    チェキは、メイドカフェでメイドさんと一緒にツーショットを撮影したり、ライブアイドルのライブ終了後にアイドルと撮影したりと、メイドカフェやアイドル現場によく行く方にとってはなじみの深いものだと思います。 もちろん京都木屋町のメイドカフェCANDYでもチェキの撮影ができますよ。   チェキは富士フイルムが販売しているインスタントカメラの総称で、正式名称はInstax mini(インスタ

    記事を開く

    チェキは、メイドカフェでメイドさんと一緒にツーショットを撮影したり、ライブアイドルのライブ終了後にアイドルと撮影したりと、メイドカフェやアイドル現場によく行く方にとってはなじみの深いものだと思います。

    もちろん京都木屋町のメイドカフェCANDYでもチェキの撮影ができますよ。

     

    チェキは富士フイルムが販売しているインスタントカメラの総称で、正式名称はInstax mini(インスタックスミニ)といいます。

    最初に発売されたのは1998年、カードサイズの専用フィルムを使用したカメラ「instax mini10」です。

     

    チェキの使い方はフィルムを入れて、シャッターボタンを押すだけで撮影でき、撮ったその場ですぐプリントができます。

     

    すぐにプリントするのでその時のたった一枚の思い出になります。

    世界でたった1枚だけの写真を、撮ったその場でプリントして周りの人と共有でき、フィルムカメラ特有のレトロな雰囲気の写真を撮ることができるのが魅力です。

    デジタルカメラが普及した時代に、一枚の写真として保存できるアナログさがあり、国内外で根強い人気を誇っています。

     

    メイドカフェやアイドル現場の他にも、結婚式やお店などのイベントに使われることが多いです。

     

    チェキならではなのが、縦長のチェキ専用のフィルムです。

    ミニサイズなのでアルバムに収納するのはもちろん、財布や手帳に挟んで持ち歩いたりと、使い勝手がいいです。

    特に柄などが入っていないシンプルなフィルムから、可愛いデザインのフィルムもあります。

    プリントした写真は数十秒ほどで、画像がだんだんと浮かび上がってきます。

     

    最近では、どんどん新しい機能が増えていて、今までのインスタントカメラにデジタル技術を融合させた機種も登場しました。

    デジタル化で確実なフレーミングができ、撮影後に画像を選んでプリントすることが可能です。

    また、1:1の比率で「ましかく」の写真が撮れる機種、フィルムも登場し、インスタグラムのようなスクエア写真で流行のおしゃれな写真が楽しめます。

     

    これから京都は秋の紅葉が楽しめる観光シーズンになっていきます。

    京都観光のお供に、チェキで紅葉を写真に収めたり、京都の気になった風景を撮れば、より一層楽しめると思います。

     

    京都木屋町三条のメイドカフェCANDYで、非日常の時間を過ごしてみませんか?

    かわいくて魅力たっぷりのメイドさんたちがお出迎えします。

    ドリンク・ふ〜どメニューもたくさんございます。

    ご主人様、お嬢様のお帰りをお待ちしております!

     

    記事を閉じる

  • 京都のハロウィンイベントでコスプレを楽しもう

    投稿日 :
    2017-10-20 18:49:28
    カテゴリ :
    萌えきゅん一口メモ
    WRITER :

    秋のイベントとしてハロウィンはすっかり定着してきましたね。 身近なところでは街中でも、いろいろなお店でハロウィンイベントが開催されたり、メディアでは芸能人やアイドルがハロウィンの衣装を着たり、アニメのキャラクターのコスプレをしたりと話題にもなり、楽しませてくれます。   京都でも、さまざまなハロウィンイベントが開催されています。 今回はその中のいくつかをご紹介したいと思います!

    記事を開く

    秋のイベントとしてハロウィンはすっかり定着してきましたね。

    身近なところでは街中でも、いろいろなお店でハロウィンイベントが開催されたり、メディアでは芸能人やアイドルがハロウィンの衣装を着たり、アニメのキャラクターのコスプレをしたりと話題にもなり、楽しませてくれます。

     

    京都でも、さまざまなハロウィンイベントが開催されています。

    今回はその中のいくつかをご紹介したいと思います!

     

    京都の北山で、「北山ハロウィン」という京都で一番規模が大きいハロウィンイベントがあります。

    場所は京都市営地下鉄北山駅周辺で、メイン会場は京都府立陶板名画の庭です。

    京都府立植物園のすぐ隣です。

    北山ハロウィンは、1998年からはじまり年々来場者が増えていて、2017年で20回目を迎えます。

     

    イベントの内容は、仮装パーティー、仮装パレード、音楽ライブ、かぼちゃのカービング、手作り市、屋台村、かぼちゃのライトアップなど盛りだくさんです。

    2017年の日程は、10月28日(土)と29日(日)の2日間の開催予定です。

     

    28日(土)には、仮装パーティーとコンテストが開催されます。

    仮装パーティーは、仮装をしてもしなくても入場することができますが、入場には、ハロウィンパスポート(特製バッジ)の事前購入が必要のようです。

    コンテストでは豪華な賞品が用意されていたり、ハロウィンパスポートの提示で協賛店で特典が受けられたりするみたいです。

     

    仮装パーティーに合わせて、音楽ライブも行われます。

    仮装を楽しみながら、DJやアーティストがライブで会場を盛り上げてくれます。

     

    29日(日)には、北山通りを交通規制して、仮装パレードが行われます。

    仮装パレードの参加はもう締め切られたようですが、毎年たくさんの方が参加されるので、観るだけでも十分楽しめるのではないでしょうか。

     

    京都のハロウィンイベントはまだまだ他にもあります。

    京都国際マンガミュージアムでは、10月29日(日) に「京都ハロウィンコスプレ-百鬼夜行2017-」が開催されます。

    このイベントは、京都国際マンガミュージアムの館長さんが、妖怪が多く住む京都にちなんで発案したそうです。

    仮装は、魔女や吸血鬼、モンスターなどといった、日本の妖怪や、海外の妖怪に限られています。

     

    仮装をしてマンガミュージアムから元離宮二条城までを往復してパレードが行われます。

    二条城では「唐門」で写真撮影が行われます。

     

    また、他には、10月28日(土)に、BiVi二条と京都三条会商店街を中心にした、「二条ハロウィン」が開催されます。

    2015年に始まったイベントで、コスプレコンテストやスタンプラリー、各所に設けられたフォトスポット、夜店など盛りだくさんの内容となっています。

    もちろん仮装していなくても楽しめます。

     

    仮装コンテストは、BiVi二条・三条会商店街の受付でエントリーをして、三条大宮公園で仮装のアピールをします。

    審査員による結果発表で、優秀者には素敵な景品がプレゼントされるみたいです。

     

    コスプレが好きだけど発表する場がなかった方も、こういったイベントなら気軽に参加できて、コスプレを楽しむことができますね。

    ぜひ1年に1度のハロウィンイベントを満喫してください。

     

    京都木屋町三条のメイドカフェCANDYで、非日常の時間を過ごしてみませんか?

    かわいくて魅力たっぷりのメイドさんたちがお出迎えします。

    ドリンク・ふ〜どメニューもたくさんございます。

    ご主人様、お嬢様のお帰りをお待ちしております!

     

    記事を閉じる

  • セーラー服の発祥は京都?福岡?

    投稿日 :
    2017-10-13 12:45:13
    カテゴリ :
    萌えきゅん一口メモ
    WRITER :

    セーラー服は、かわいくて清楚な雰囲気を持った制服です。 最近の女子中高生の制服は、ブレザーを採用している学校の方が多くなっているようですが、セーラー服にもまだまだ人気があります。 制服は、学生のうちしか着れない特別感もありますし、メイドさんのメイド服やアイドルの衣装のようにコスプレで楽しむこともできますね。   さてそんなセーラー服が、日本の学校で初めて採用されたのは、福岡市の福

    記事を開く

    セーラー服は、かわいくて清楚な雰囲気を持った制服です。

    最近の女子中高生の制服は、ブレザーを採用している学校の方が多くなっているようですが、セーラー服にもまだまだ人気があります。

    制服は、学生のうちしか着れない特別感もありますし、メイドさんのメイド服やアイドルの衣装のようにコスプレで楽しむこともできますね。

     

    さてそんなセーラー服が、日本の学校で初めて採用されたのは、福岡市の福岡女学院だとされていました。

    それが、ここ10年ほどで、京都市の平安女学院が最初だという説も出てきたのです。

    セーラー服の発祥は、はたして京都なのか福岡なのか、見ていきたいと思います。

     

    福岡女学院は、福岡市南区にある学校です。

    セーラー服を制服に採用したのは、1921年(大正10年)のことです。

     

    それまで女学生は着物や袴姿で授業を受けていましたが、動きにくくて不便だとという声が上がりました。

    そこで当時校長を務めていたエリザベス・リー氏が、愛用の服をもとにしたセーラー服を作ることを決めました。

    試作は3年間に渡って8回にものぼり、1921年、ついにセーラー服を正式に制服として採用しました。

     

    上下セパレートで、スカートにプリーツが入るスタイルで、現在の一般的なセーラー服とほとんど変わらない形でした。

    翌年の4月から、上級生を除いて、ほとんどの生徒が着用するようになりました。

    和装よりも動きやすく、女学生らしい清楚さも兼ね備えたセーラー服は、全国の多くの公私立女学校がこの制服をモデルにするようになりました。

     

    このようなことから、日本で最初のセーラー服を採用したのは福岡女学院だというのが通説とされてきました。

     

    それが、2007年に制服メーカーのトンボが、京都市上京区の平安女学院が1920年(大正9年)にセーラー襟のついた洋服を制服として採用していた、という調査結果を発表しました。

     

    セーラー襟のついた濃色のワンピース型のセーラー服で、ベルトで腰の辺りを締めるスタイルのものです。

     

    福岡女学院よりも1年早く採用したことになり、元祖セーラー服の導入は、京都の平安女学院かと思われましたが、微妙に定義が異なります。

     

    平安女学院は、セーラー襟のついた洋装制服を初めて採用し、福岡女学院は、現在にまで続く一般的なセーラー服を初めて採用した、と区別することができます。

     

    セーラー服の発祥をどちらかにはっきりと決めることは難しく、どちらも「日本初のセーラー服」と言ってよさそうです。

    何よりも、セーラー服がその形をほとんど変えずに長く愛されるデザインであり続けていることに驚きます。

     

    京都木屋町三条のメイドカフェCANDYで、非日常の時間を過ごしてみませんか?

    かわいくて魅力たっぷりのメイドさんたちがお出迎えします。

    ドリンク・ふ〜どメニューもたくさんございます。

    ご主人様、お嬢様のお帰りをお待ちしております!

    記事を閉じる

6~10件目 (104件中)

カレンダー

<
>

カテゴリ

    WRITER

      過去ログ