京都木屋町のメイドカフェCANDY

萌えきゅん一口メモ

ブログ記事一覧

1~5件目 (138件中)

  • サブカルチャーの意味

    投稿日 :
    2019-09-21 13:00:24
    カテゴリ :
    萌えきゅん一口メモ
    WRITER :
    スタッフ

    京都木屋町三条のメイドカフェで、メイドさんとの癒しの時間を過ごしてみませんか。 普段の生活では味わえない非日常の萌えの世界をぜひ京都でお楽しみください♪    サブカルチャーという言葉はインターネットやニュース、新聞、雑誌など様々な場面で目にすることがあると思います。   サブカルチャーとは、社会の主流の文化から外れた一部の人々が中心となっている独特の文化の

    記事を開く

    京都木屋町三条のメイドカフェで、メイドさんとの癒しの時間を過ごしてみませんか。

    普段の生活では味わえない非日常の萌えの世界をぜひ京都でお楽しみください♪ 

     

    サブカルチャーという言葉はインターネットやニュース、新聞、雑誌など様々な場面で目にすることがあると思います。

     

    サブカルチャーとは、社会の主流の文化から外れた一部の人々が中心となっている独特の文化のことです。

    略して「サブカル」とも言われます。

    これまでの文化とは異なった別の文化という意味合いで、日本では、マイナーな趣味や嗜好、価値観など、伝統の反対にある文化のことをまとめてサブカルチャーと呼んでいます。

     

    現代の日本においてのサブカルチャーは例えば、マイナーな映画や音楽をはじめ、漫画やアニメ、コスプレ、フィギュア、特撮、アイドル、パソコン、ゲームなどが代表的なものです。

     

    サブカルチャーは大衆文化、若者文化、下位文化などとも訳すことが多いです。

     

    サブカルチャーの対義語となるメインカルチャーは、文学や美術、演劇、古典芸能など社会の中心となる文化のことです。

     

    サブカルチャーという言葉は1950年にアメリカの社会学者であるデヴィッド・リースマンが使ったのが最初と言われています。

    日本には80年代にサブカルチャーという言葉が入ってきて、雑誌などで頻繁に使われるようになりました。

     

    メインカルチャー、サブカルチャーという言葉が生まれた頃の定義では、メインカルチャーは、学問や文学、美術、音楽などで、受け手にある程度の教養を必要としていて、当時の知識人などに支持されていました。

     

    20世紀になると大衆社会になり、次第に知識人たちも大衆文化に興味を持ちはじめ、大衆文化にも面白さがあることに多くの人が気づくようになり、これがサブカルチャー誕生のきっかけだと言われています。

    サブカルチャーは必ずしも受け手を選ぶことはなく、誰もが楽しめる娯楽のことを言っていました。

     

    時代が流れサブカルチャーは大きく発展しました。

    それに従って一般的な感覚ではテレビドラマやポップソングなど大多数の人たちが楽しんでいる娯楽をメインカルチャーと呼ぶようになりました。

    対して、漫画やアニメなど一部の愛好家の間だけで楽しまれる娯楽をサブカルチャーと呼ぶようになりました。

     

    このようにサブカルチャーは昔と今では定義が変わってくる言葉で、現在の日本において漫画やアニメはすでに日本の主流文化であり、多くの人たちがサブカルチャーを支持しています。

    一般化しているため、本来はサブカルチャーとして定義できないものです。

    しかしながらサブカルチャーとして扱われることが多いです。

    その時代によって、これまでの常識や型というのは変わってくるので、サブカルチャーは定義が曖昧な言葉になっています。

     

    京都には歴史の深い神社仏閣もありますし、桜や紅葉など自然の風景も楽しめる見所がたくさんあるので、休日には京都観光も兼ねてメイドカフェへリフレッシュに、というのもおすすめです。

    メイドさんたちがご主人様、お嬢様のお帰りをお待ちしております! 

    記事を閉じる

  • アイスコーヒーの歴史

    投稿日 :
    2019-08-15 14:34:08
    カテゴリ :
    萌えきゅん一口メモ
    WRITER :
    スタッフ

    京都木屋町三条のメイドカフェで、メイドさんとの癒しの時間を過ごしてみませんか。 普段の生活では味わえない非日常の萌えの世界をぜひ京都でお楽しみください♪        夏の季節にぴったりなアイスコーヒーは特に日本人に親しまれていて、世界一アイスコーヒーが飲まれている国といわれているそうです。 アイスコーヒーの発祥についてはさまざまな説があるのではっき

    記事を開く

    京都木屋町三条のメイドカフェで、メイドさんとの癒しの時間を過ごしてみませんか。

    普段の生活では味わえない非日常の萌えの世界をぜひ京都でお楽しみください♪     

     

    夏の季節にぴったりなアイスコーヒーは特に日本人に親しまれていて、世界一アイスコーヒーが飲まれている国といわれているそうです。

    アイスコーヒーの発祥についてはさまざまな説があるのではっきりとしたことは断定できませんが、実は日本が発祥であるという説も挙げられています。

     

    日本人がアイスコーヒーを飲み始めたのは、明治時代と考えられます。

    1891年(明治24年)、文筆家の石井研堂(いしいけんどう)が著書「明治事物起原」に、東京・神田小川町の氷屋で「氷コーヒー」というメニューがあることを紹介しています。

    また、1903年(明治36年)村井弦斎(むらいげんさい)著の「食道楽 秋の巻」にはコーヒーを井戸の中へつるしたり、氷へ漬けて冷やす作り方が記されています。

     

    大正時代に入るとアイスコーヒーは喫茶店のメニューに登場し始め、「冷やしコーヒー」と呼ばれていました。

    その頃日本で広まっていたアイスコーヒーは、コーヒーに氷を入れて冷やすような作り方ではなく、ガラス瓶にコーヒーを入れて、井戸水で冷やすという方法だったようです。

    氷の影響でコーヒーが薄まることを避けていました。

     

    コーヒーを冷やして飲むのは日本独特のようです。

    外国でアイスコーヒーが全く飲まれないわけではありませんが、コーヒーを注文すればホットコーヒーが出てくるそうですね。

    日本でアイスコーヒーが定着したのはなぜかと考えると、夏になるとスイカやきゅうりを冷やして食べるなど、「冷やす」という文化が一般的だったからではないかと考えられます。

     

    冷たいコーヒー(冷やしコーヒー)を略した言い方で、大阪ではアイスコーヒーのことを「冷コー」と呼んでいました。

    それが他の地域にも広がって、「レイコー」、「レーコー」、「レイコ」など、地域によっていろいろな言い方がされていました。

    今の時代ではほとんど死語となっていますが、大阪の中高年層の中には今も冷コーと呼ぶ人がいるそうです。

     

    このような独特の喫茶店言葉は「冷コー」に加えて他にも、レモンスカッシュは「レスカ」、レモンティーやミルクティーは「レティ」「ミティ」と略して呼ぶそうです。

     

    ちなみに駄菓子屋で人気の冷たい飲み物の「冷やしコーヒー」というのがあります。

    この「冷やしコーヒー」は、コーヒー味の甘い飲み物のことで、アイスコーヒーとは少し違うのです。

    コーヒーの元は店頭の冷蔵庫に保存してあり、注文するとひしゃくでコップに注いで出してくれるそうです。

     

    京都には歴史の深い神社仏閣もありますし、桜や紅葉など自然の風景も楽しめる見所がたくさんあるので、休日には京都観光も兼ねてメイドカフェへリフレッシュに、というのもおすすめです。

    メイドさんたちがご主人様、お嬢様のお帰りをお待ちしております! 

    記事を閉じる

  • 日本のコーヒーの歴史

    投稿日 :
    2019-07-19 15:49:51
    カテゴリ :
    萌えきゅん一口メモ
    WRITER :
    スタッフ

    京都木屋町三条のメイドカフェで、メイドさんとの癒しの時間を過ごしてみませんか。 普段の生活では味わえない非日常の萌えの世界をぜひ京都でお楽しみください♪        コーヒーは若者からお年寄りまで幅広い世代に愛され、世界中で飲まれています。   さて、日本に初めてコーヒーが伝わった時期は定かではありませんが、有力な説としては、江戸時代初

    記事を開く

    京都木屋町三条のメイドカフェで、メイドさんとの癒しの時間を過ごしてみませんか。

    普段の生活では味わえない非日常の萌えの世界をぜひ京都でお楽しみください♪     

     

    コーヒーは若者からお年寄りまで幅広い世代に愛され、世界中で飲まれています。

     

    さて、日本に初めてコーヒーが伝わった時期は定かではありませんが、有力な説としては、江戸時代初頭(1640年代)、鎖国中も唯一海外と接触のあった長崎出島にオランダ人商人が持ち込んだとされています。

     

    しかし当時、外国人に接触できた日本人は、役人や商人、通訳、遊女などの限られた人だけで、せっかく出島に入ってきたコーヒーは、一般の人々には存在すら知られていませんでした。

    さらに、日本にはすでにお茶の文化が根づいていて、最初、コーヒーの独特の苦味や香りに馴染めない人も多く、江戸時代の日本では本格的に普及することはありませんでした。

     

    開国して時代が明治に移ると、文明開化の一端として、西洋文化の象徴であるコーヒーを積極的に取り入れるようになりました。

    洋食屋などでコーヒーを提供する店も見られるようになり、食事とともに楽しむ人も徐々に増えてきました。

     

    日本で最初の本格的コーヒー店は、東京にオープンした「可否茶館」という店でした。

    明治の中ごろからコーヒーを飲ませる店が少しずつ増えていきました。

     

    明治の末には、東京・銀座に「カフェー・プランタン」や「カフェー・ライオン」が開店しました。

    中でもコーヒーの大衆化に最も貢献したのは「カフェ・パウリスタ」という喫茶店でした。

     

    最初こそ文士や文学青年たちの社交場でしたが、一般の人達が気軽に立ち寄れる値段と雰囲気で、あっという間に大繁盛して、大正時代の最盛期には全国に20余りの支店を数えるほどになりました。

     

    明治時代から大正時代にかけて、このような文化サロンの役割を果たすカフェがいくつかできて、ハイカラ好きの人々や文化人、芸術家がそこに集い、日本にもやっとコーヒー文化と呼べるものが根付き始めました。

     

    そして大正時代には確実にコーヒー愛好家が増えて、昭和に入ってますます需要を伸ばしたのですが、第二次世界大戦の開戦により、コーヒーの輸入量は激減しました。

    戦後、本格的にコーヒーを飲めるようになったのは、1950年(昭和25年)にコーヒー豆の輸入が再開されてからでした。

     

    コーヒーの文化は、日本の急速な近代化とともに拡大、発展してきたと言えるでしょう。

     

    現在の日本では喫茶店でも家庭でも、身近にコーヒーが飲まれていて、アイスからホット、ドリップからエスプレッソまで楽しみ方も多彩です。

     

    京都には歴史の深い神社仏閣もありますし、桜や紅葉など自然の風景も楽しめる見所がたくさんあるので、休日には京都観光も兼ねてメイドカフェへリフレッシュに、というのもおすすめです。

    メイドさんたちがご主人様、お嬢様のお帰りをお待ちしております!  

     

    記事を閉じる

  • ファン・マニア・オタクの違い

    投稿日 :
    2019-06-19 19:24:24
    カテゴリ :
    萌えきゅん一口メモ
    WRITER :
    スタッフ

    京都木屋町三条のメイドカフェで、メイドさんとの癒しの時間を過ごしてみませんか。  普段の生活では味わえない非日常の萌えの世界をぜひ京都でお楽しみください♪     ファン・マニア・オタクという三つの言葉は、どれも何かを好きな人を指す言葉ですが、一見違いがよく分かりませんよね。 一体どんな違いがあるのか、今回はそれぞれの意味の違いについて見ていきたいと

    記事を開く

    京都木屋町三条のメイドカフェで、メイドさんとの癒しの時間を過ごしてみませんか。 

    普段の生活では味わえない非日常の萌えの世界をぜひ京都でお楽しみください♪  

     

    ファン・マニア・オタクという三つの言葉は、どれも何かを好きな人を指す言葉ですが、一見違いがよく分かりませんよね。

    一体どんな違いがあるのか、今回はそれぞれの意味の違いについて見ていきたいと思います。

     

    まず、ファンの意味は、スポーツや芸能、またはチームや選手、タレントなどの特定の対象に対する熱心な支持者や応援者、愛好者のことを指す言葉です。

    一般的なイメージでは、その物や人がとても好き、という印象があるかと思います。

     

    次に、マニアの意味は、ある物事や何らかの趣味に熱中している人のことを指します。

    一般的なイメージでは、化石など何かコアな物を愛する人といった印象だと思います。

    基本的に自分の楽しみや趣味の一環として知識や技術を深めて、専門性が高いといった特徴がありそうです。

     

    それでは、オタクの意味は、特定ジャンルに対して過度に熱中している人のことを指します。

    世間一般的なイメージとしては、アニメや漫画が好き、好きなものまたは人にしか興味がない人、と思う人が多いかもしれません。

     

    3つともどこか似たような意味とイメージがあると思います。

    明確な線引きや違いを考えるのは難しいですが、強いて違いをいうなら、ファンはあくまで愛好者の範囲であって、マニアは熱狂的で専門性が高い印象で、オタクは好きな物事にかなり深くのめり込んでいる感じがします。

     

    ファンよりもマニア、マニアよりもオタクの方が好きが強いというか、呼び方に重みが増して、ただの好きではない、たくさんの意味を含んでいるように思います。

    また、独自の文化を生み出せる方がオタクで、生み出せないのがマニア、という意見もあるようです。

     

    それぞれの言葉から受け取れる印象に微妙な差はありますが、はっきりした決まりも定義もないものです。

    それらは特に違いはなく、大体は同じ意味なのでしょう。

    自分はファンだ、マニアだ、オタクだ、と自身が思ったものが正解なんだと思います。

     

    ファン・マニア・オタクは似て非なるものです。

    どれも一つの物事や趣味に没頭するという点では一緒ですから、すべて一括して、何かが好きな人という感じだと思います。

    それぞれに楽しさがあり、それぞれに想いがあるでしょう。

     

    京都には歴史の深い神社仏閣もありますし、桜や紅葉など自然の風景も楽しめる見所がたくさんあるので、休日には京都観光も兼ねてメイドカフェへリフレッシュに、というのもおすすめです。

    メイドさんたちがご主人様、お嬢様のお帰りをお待ちしております!

     

    記事を閉じる

  • 京都の町家とカフェ

    投稿日 :
    2019-05-15 08:40:04
    カテゴリ :
    萌えきゅん一口メモ
    WRITER :
    スタッフ

    京都木屋町三条で、あなた好みのメイドさんを見つけてみませんか。  メイドカフェが初めての方でも気軽にお楽しみいただけます。  メイドさんたちと楽しいひとときをお過ごしください♪   京都は日本国内のみならず海外からも人気の観光地です。 そんな京都には古き良き時代からのいくつもの町家が残っています。   町家(まちや)とは、町人の住宅のことで、商

    記事を開く

    京都木屋町三条で、あなた好みのメイドさんを見つけてみませんか。 

    メイドカフェが初めての方でも気軽にお楽しみいただけます。 

    メイドさんたちと楽しいひとときをお過ごしください♪

     

    京都は日本国内のみならず海外からも人気の観光地です。

    そんな京都には古き良き時代からのいくつもの町家が残っています。

     

    町家(まちや)とは、町人の住宅のことで、商業や工業を営む人たちのための昔の都市住宅です。

    京都の町家は京町家とも言われます。

     

    町家の敷地形状は「うなぎの寝床」と呼ばれています。

    間口が狭くて奥行きが長い、細長い造りになっています。

    これは江戸時代に税金が間口に応じて決められたため、なるべく間口を小さくしようとしたためです。

     

    戸口を入ると土間があり、裏口へと細長く続いていきます。

    表から順に店、玄関、座敷が並んで、奥に庭が設けられています。

    炊事場は「走り庭」と呼ばれ、走り(流し)、おくどさん(かまど)、井戸があります。 

     

    入り口から奥まで続く長い土間は「通り庭」と呼ばれ、風通しがよく日当たりの良さがあります。

    機能性に優れているところも町家の魅力です。

     

    京都は、カフェが多い町としても知られています。

    なかでも歴史ある町家を利用して、カフェとして運営しているお店の人気は高く、町家カフェがたくさんあります。

    カフェの他にも工房や雑貨店、ギャラリーなどの町家ショップとしても活用されたりしています。

     

    町家には歴史や文化が色濃く残っているので、外観はそのままの姿を残してリノベーションしている町家カフェが多いです。

    それぞれの町家カフェに個性があって、歴史的に貴重な建物も多く、京都の趣を感じる佇まいと、こだわりのカフェメニューを楽しむことができます。

     

    観光の休憩としても人気ですが、地元の方からも愛される憩いの場となっているようです。

    できるだけ元の町家の姿を残して昔なじみのあたたかさをそのままに、落ち着いた空間を提供してくれます。

     

    町家カフェは昔ながらの建物から得られる落ち着いた雰囲気の癒しと、カフェから得られるゆったりとした癒しの両方をあわせもっています。

    日常の忙しさから離れてゆっくりとした時間の流れを感じることができると思います。

    京都ならではの風景と一緒にカフェでほっこりしてみると、また違った発見があるかもしれません。

     

    木屋町三条のメイドカフェでは、日常生活から離れてリフレッシュしたい時にも、観光の合間のちょっとした休憩にも利用でき、お楽しみいただけます。

    ぜひかわいいメイドさんたちに会いにきてください。

    あなたのお帰りをお待ちしております!

    記事を閉じる

1~5件目 (138件中)

カレンダー

<
>

カテゴリ

    WRITER

      過去ログ